ノンカフェインのたんぽぽコーヒー、その効果効能とは

たんぽぽコーヒーの原料となる「たんぽぽ」は、漢方薬や薬草として古くから認知されている植物です。
たんぽぽ茶として販売されている場合もありますが、たんぽぽ茶とたんぽぽコーヒーは同じものです。
たんぽぽコーヒーには様々な効果効能があります。内臓の働きを促進したり、冷え性や便秘を改善すると言われています。
また、発毛・育毛効果もあるとされています。さらには、母乳の出や乳質を良くする効果があります。
母乳の出方には個人差があります。
出方が少ないという場合だけでなく、出過ぎて困るという場合でも、たんぽぽコーヒーの効果効能により、量を調整することも期待できます。そのため、赤ちゃんに母乳を飲ませるお母さんがよく利用しています。
また、女性ホルモンのバランスを整えたり、分泌を促す効果効能を持つため、生理不順や不妊症に悩む女性にも飲まれています。
たんぽぽコーヒーの大きな特徴として挙げられるのが、「ノンカフェイン」です。
コーヒーと言えばカフェインが入っているイメージですが、たんぽぽコーヒーにはカフェインが入っていません。
普通のコーヒーが飲めない妊婦さんや、出産後の母乳育児中でも、ノンカフェインであれば安心して飲むことができます。
お母さんが摂取したカフェインは、母乳から赤ちゃんの体内に入ります。
その量はおよそ1/100の割合、具体的には0.06?1.5%と言われています。
カフェインを摂取してしまった赤ちゃんは、その量が少量であっても、なかなか寝つかなかったり夜泣きをしたり、不機嫌、興奮状態など感情面に多少の影響が出るとされています。
ノンカフェインのたんぽぽコーヒーであれば、コーヒー風味なのでお母さんが飲みたいのを我慢する必要がありません。
小さなお子様でも安心して飲ませることができます。
カフェインを受け付けない体質の人や、普通のコーヒーを飲むと寝つけない人でも安心です。